• HOME >
  • FF1 >
  • 敵キャラ

FF1 - 敵キャラ

初代ファイナルファイトで登場する敵キャラをグループ別に紹介します。
おおむね弱い順ですが、プレイする人によって多少前後することはあるでしょう。

最弱ザコ

BRED、DUG
(ブレッド、ダグ)
普通に歩いて攻撃してくるだけの敵キャラ。
といっても、集団で囲まれるとそれなりの強さを見せるので侮れません。
ブレッドは灰色の服を着てまっすぐ立っている白人。
ダグは赤い服を着て前屈みで拳を構えている黒人。
JAKE、SIMONS
(ジェイク、シモンズ)
行動パターンは上記のフレッド、ダグとほとんど同じですが、
唯一の違いは、何の前ぶれもなくいきなり跳び蹴りをしてくることがあるということ。
ジェイクは青い服を着てまっすぐ立っている白人。
シモンズは黄色い服を着て前屈みで拳を構えている黒人。

パンク野郎

J、TWO.P
動きが素早く、滑るような動きで回り込んでジャブを打ってきます。
横軸を合わせるのが難しく、こちらが動いた瞬間に狙ってくることがあるので、
結構手強い相手です。
J は放射線マークが描かれた黄色い服を着ているモヒカン男。
TWO.P は ヘビだか竜だかの絵が描かれたオレンジ色の服を着ているこれまたモヒカン男。

革ジャン男

AXL、SLASH
(アクセル、スラッシュ)
革ジャンを着たケンシロウ風の男。
プレイヤーの隙を狙って、ここぞとばかりにハンマーナックルかキックで攻撃してきます。
どちらもライフゲージの3分の1くらいを奪う攻撃力があるので、
極力こいつらの攻撃は受けないように努力しましょう。
また、もうひとつの厄介点は、こちらの攻撃をガードすることがよくあること。
ハガーのパイルドライバーの巻き添えなどもガードして無効にするため、
その隙を狙われてハンマーナックルを受ける危険があります。
普通の攻撃よりも投げ技で倒した方が確実です。
こいつらに跳び蹴りは危険なのでやめたほうがいいでしょう。
アクセルは灰色、スラッシュは焦げ茶の革ジャンです。

デブ

G.DRIBER、BILL BULL、WONG WHO
(グラハム・オリバー、ビル・ブル、ワン・フー)
文字どおりデブの男たちですが、ハイキックを放ったり勢いよく突進してきたりと、
見た目にそぐわない行動が多いのが特徴。
特に画面外からの突進攻撃は頭に来るので、
何度もプレイして登場箇所をインプットしておきたいところです。
後のほうのステージでは、3、4体が一度に突進してくるところもあります。
グラハム・オリバーは青いズボン、ビル・ブルは灰色のズボン、
ワン・フーは緑色のズボンをはいています。
すべてデブかつハゲです。
ないとは思いますが、友達のあだ名にこいつらの名前を使わないようにしましょう。

オカマ

POIZON、ROXY
(ポイズン、ロキシー)
見た目は美女ですが、残念ながらニューハーフという設定。
跳び蹴りで攻撃してくることが多く、背後から蹴られると結構なダメージを受けます。
またこちらの攻撃をバク転でよけることもあり、ストIIのバルログみたいな憎い存在です。
パンク野郎と同様に動きが素早く、背後を取られやすいので、
メガクラッシュもやむを得ないでしょう。
ポイズンはピンク色の髪、ロキシーはオレンジ色の髪をしています。

ナイフ男

EL GADO、HOLLY WOOD
(エルガド、ハリウッド)
ナイフを体中に持ち、パンチの他にスライディングやフライングナイフアタックを使ってきます。
特に画面外からのフライングナイフアタックはいきなりダメージを食らわせられるので、
頭に来る存在です。
ナイフで攻撃してくるときは通常攻撃のリーチも長くなるので、
集団で現れるとアンドレよりも強敵と言えるかもしれません。
こいつらが落としたナイフをうかつに拾って隙を作らないようにしましょう。
また、起き上がりが早いのも特徴の一つで、ダウンした瞬間に起き上がるような敵です。
画面のどちらかの端にまとめて倒すことを心掛けましょう。
ナイフを投げるそぶりを見せたら、すぐに縦軸をずらしてよけたほうが安全です。
同様にスライディングやフライングナイフアタックも事前にしゃがむアクションを見せるので、
察知したらすぐに防御態勢に入るべきです。
エルガドは白っぽい服、ハリウッドは薄いオレンジ色の服です。

自爆男 (赤ハリウッド)

HOLLY WOOD
(ハリウッド)
上記のナイフ男の1人と同じ名前ですが、こちらは真っ赤な服を着ています。
画面端から走ってきて、火炎ビンを投げてはまた画面外に逃げていくという、
ケンカに勝てない悔しさを前面に出している敵キャラです。
ライフがほとんど無いに等しく、パンチ2発か投げ1回で倒れますが、
その場合も火炎ビンは下に落ちて燃え上がります。
炎に当たると非常にダメージが大きく、
最後のほうのステージだと、6体同時に現れて火の海になることもあります。
まあ、こいつ自身、自分が投げた火炎ビンで自爆することも多いのですがね。
火炎ビンをよけるには、縦軸の一番上か一番下に移動すると、
安全地帯になっていてよけられる可能性が高くなります。

アンドレ

ANDORE、ANDORE Jr
(アンドレ、アンドレジュニア)
ザコキャラの中では最も背が高く、体も大きい屈強な男たち。
攻撃力の高い「殺人パンチ」をはじめ、よけにくい「突進」、
ダウン直後にさらにダメージを食らわせる「のしかかり」、
はまるとライフを大きく削られる「首締め」、大技の「パイルドライバー」まで使ってきます。
ライフも多いのでなかなか倒れません。
一般的にはザコ最強と言われていますが、状況によってはオカマやナイフ男のほうが
強敵になることも多々あるでしょう。
が、もちろんこのアンドレ達も非常に強力なザコキャラです。
ファイナルファイトシリーズの名物キャラクターですので、アンドレの名前は覚えておきましょう。
アンドレはピンクの服、アンドレジュニアは赤い服です。
F.ANDORE、G.ANDORE、U.ANDORE
(アンドレ父、アンドレ爺、アンドレ叔父)
ステージ3の拉致エリアでのみ登場するアンドレの家族たち。
アンドレ叔父は2人同時プレイの時のみ登場します。
双子でもないのに皆同じ顔です。
DNAまで一致しているのでしょうか。
これらのアンドレは中ボス的な扱いで、ダウン直後に無敵状態があります。
なので、むやみに近づいて投げようとするとパイルドライバーを食らいます。
ライフも通常のアンドレよりもさらに高いので、気を引き締めて挑みましょう。

ボスキャラ

ボスキャラについては、各ステージで詳しく攻略することにします。

ダムド
ステージ1のボス。
下劣な笑い声が特徴。
ソドム
ステージ2のボス。
日本刀を両手に持ち、GパンにTシャツ、頭に日本製兜をかぶった異様なコスチュームが特徴。
エディ.E
ステージ3のボス。
警棒・ピストルで攻撃してくる毛深そうな悪徳警官。
ロレント
ステージ4のボス。
残像とともにグレネード弾を投げながら素早く動き回る元軍人。
アビゲイル
ステージ5のボス。
体中を真っ赤にして襲いかかってくる怪力男。
ベルガー
ステージ6のボスであり、今作のラスボス。
ジェシカを抱えながら車いすに乗り、もっぱらボウガンで攻撃してきます。

inserted by FC2 system