• HOME >
  • FF1 >
  • スーファミ版について

FF1 - スーファミ版について

SFC版のファイナルファイトは単なる移植ではなく、いろいろな変更点 (削除点) があります。
ここでは難易度という観点でSFC版を見てみることにします。
総じていうならば、敵味方、どちらにとっても「理不尽な難しさ」が増えているような気がしますね。

SFC版のかんたんなところ

敵の数が少ない
SFC版は1画面に出てくる敵の数は最大で3体までです。
ドラム缶などの壊せる物体があるときは、それも敵の数として含めるので、
2体、1体までしか出ないところもあります。
初代ファイナルファイトにかぎらず、「2」「タフ」でもこの数は変わりません。
これははっきり言ってメチャ簡単ですね。
大勢の敵に囲まれないというのは本作品においては夢のような話です。
火炎ビンを投げる赤ハリウッドもあそこまで頻繁には出てきませんし、
出てくる箇所でも3体しか出てきません。
これは超楽といってもいいでしょう。
あ、でも左右から挟まれると危険なので、
SFC版でも敵を一方にまとめるという基本は変わりませんよ。
ステージ4が削除されている
あの炎が熱い工場がSFC版にはありません。
ということはロレントと戦う必要もないため、あのステージで毎度大やけどしている人にとっては、
これ以上の幸せはないでしょう。
残機が多い
アーケード版では2回やられたらゲームオーバーでしたが、
SFC版では時にオプション操作をしないかぎり残機は5機、
さらにスコア20000点ごとに1UPします。
武器を持ったときの当たり判定が甘い
アーケード版ではパイプや日本刀で攻撃するときの当たり判定が厳しく、
縦軸がかなり厳密にそろっていないと当たりませんでした。
これに対してSFC版は、多少縦軸がずれていても通常のパンチと同様に当たります。
さらにハガーの場合は、武器を振るスピードがより速くなっています。
パイルドライバーの飛距離が長い
ハガーのパイルドライバーがアーケード版より速く、やや遠くまでジャンプできるようになっています。
そのため、前方の敵を巻き添えにしやすくなっています。
車壊しのボーナスステージが易しい
ステージ2をクリアした後の車を壊すボーナスステージですが、
SFC版では、縦軸をうまく合わせればボンネットと後部を同時に攻撃できる位置があり、
ここで攻撃すればあっという間に全壊させることができます。
ハガーならば最短6秒でクリアできるはずです。
『ガイ』では1UPアイテム、無敵アイテムが手に入る
『ファイナルファイト GUY』では、残機が1つ増える「キャラクター人形」、
一定時間無敵になる「ジェシカ人形」がドラム缶やタルの中から出てくることがあります。

SFC版の難しいところ

敵の攻撃力が高い
一部の敵キャラの攻撃力が理不尽なくらいまで上がっています。
特に顕著なのがアクセル、スラッシュの攻撃で、
ハンマーナックルや蹴りを食らうとライフゲージの50パーセント分のダメージを受けます。
ソドムやエディの攻撃も一度食らったら致命傷です。
アーケード版以上にSFC版は、ボスの攻撃を1回も受けずに倒すかが重要になってきます。
復活時のダメージがない
アーケード版では、敵にやられて残機が上から降りてくるときに、
画面内のすべての敵にダメージを与えましたが、SFC版ではこの特典はありません。
ステージ3の強化アンドレたちが強すぎ
ステージ3のちょうど真ん中に出てくる特殊なアンドレたちですが、
こいつらの無敵時間の長さは殺人的です。
右端でダウンさせてこちらが左端で構えていた場合、
アンドレたちが至近距離まで近づいてきた頃にちょうど無敵状態が切れるといった具合です。
なので、ダウン直後にさらに攻撃を加えてはめようなどとしたら最後、
確実に殺人パンチを食らうか、つかまれてパイルドライバーを食らうのが関の山です。
はっきり言って、こんな奴らと正攻法で戦っていたら残機がいくらあっても足りません。
この2体のアンドレは中ボスなんてレベルではなく、少なくともこのステージのボスよりも強敵です。
SFC版をやっている人にアドバイスしておきますが、
こいつらを確実に倒すには次のようにしてください。

1. アンドレが降ってくる前に、すかさず右下のパイプを拾う
2. 降ってきた右のアンドレを掴み、コーディなら左に投げる、ハガーなら左にパイルドライバー
  (いずれの場合も、左にいるアンドレを巻き添えにするように)
3. うまく2体ともダウンさせたら、画面一番右に寄ってアンドレの方を向き、パイプを降り続ける

これでアンドレが突進してきても、リーチの長いパイプで撃退することができます。
ただ、これでもタイミングが悪いとアンドレの突進に負けてしまうこともないとは限りません。
ですので、パイプを振るタイミングにも気を遣ってみてください。
『GUY』では、難易度を EXPART にしてプレイすると、
アンドレ2体を倒し終わっても、さらに追加のアンドレ2体が降ってきますので超難関です。
アビゲイルが強すぎ
上述の攻撃力が増している、無敵時間が長くなっているのに加えて
アビゲイルの場合は最悪なことにぶん投げのつかみリーチも長くなっています。
さらに、アーケード版アビゲイルのぶん投げはつかまれてもボタンを連打すれば回避できましたが、
SFC版ではつかまれたが最後、もう投げられるしかありません。
そして投げられた際のダメージも大きく、ライフゲージの約70パーセントを持ってかれます。
アーケード版でも強かったかもしれないアビゲイルですが、SFC版と比較したら足元にも及びません。
アイテムの数が少ない
敵の数が一度に3体までしか出ないということは、ドラム缶やタルもそれだけ少ないので、
ゲーム中に入手できるアイテムの数は必然的に少なくなります。
アビゲイルのステージでドラム缶が9体固まっているような光景はSFC版にはありません。
まあ、ドラム缶が左右から転がってくるようなシーンも少ないんですがね。
あ、でもラストステージで落ちてくるシャンデリアからは、ほぼ毎回お肉が出てきますよ。
ガラス割りのボーナスステージが難しい
SFC版ではアビゲイルを倒した後にガラス割りのボーナスステージとなりますが、
ガラスとガラスの距離が長くなっているため、
動きの鈍いハガーだと20秒以内にクリアするのはかなり困難です。
一度でもガラスを回転させてしまったらアウトかもしれません。

どちらとも言えない点

起き上がりが早い敵が多い
アーケード版でダウン時からの起き上がりが早い敵と言えばナイフ男くらいでしたが、
SFC版では、デブ、オカマ、アンドレもすぐ起き上がります。
そのぶんハガーのバックドロップを手早くかけられるので、便利と言えば便利ですね。

inserted by FC2 system