• HOME >
  • FF1 >
  • 主人公キャラ

FF1 - 主人公キャラ

初代ファイナルファイトで操作できるキャラクターと、
その操作法、戦略などを紹介します。

操作キャラクター解説

コーディ
さらわれたジェシカの恋人であり、本作品の主人公という設定です。
攻撃力、移動速度ともに中くらいで平均的なキャラクターです。
初見プレイの人はとりあえずコーディでプレイして間違いないでしょう。
パンチは小振りで、うまくやれば相手を身動きできないようにはめることも可能です。
投げ技は背負い投げと掴んだ状態で膝蹴り。
メガクラッシュはその場でジャンプしながらダブルキックを演じます。
目立った特徴はないものの、ナイフを投げずに刺して使うことができます。
コマンド 技名 概要
A連打 連続攻撃 ジャブ → ジャブ → ボディブロー → アッパーカット
最後のアッパーカットが当たるとダウン
ジャンプ中に A 跳び蹴り 一撃ダウン
ジャンプ中に ↓+A ニードロップ ダウンはしないが、敵の動きを止めながら着地できる
敵をつかんで A 膝蹴り 最大3連続で敵にダメージを与える
敵をつかんで [← or →] +A 背負い投げ 敵を大きく飛ばす
A・B 同時押し メガクラッシュ
(ダブルキック)
周りの敵をダウンさせるが、自分のライフも少し減る
ガイ
コーディの友人であり、忍術を得意とする忍者キャラ。
攻撃力は低いが移動速度は速く、
壁のあるところで三角跳びができるのが特徴です。
パンチはやはり小振りのため、コーディと同様にパンチはめが可能。
投げ技はコーディと同じく背負い投げと膝蹴り。
全体的に見てコーディと大差は見られませんが、
日本刀を持ったときにリーチが少し長くなるというメリットがあります。
コマンド 技名 概要
A連打 連続攻撃 裏拳 → 裏拳 → ボディブロー
→ エルボー → 回し蹴り
最後の回し蹴りが当たるとダウン
ジャンプ中に A 跳び蹴り 一撃ダウン
ジャンプ中に ↓+A 肘落とし ダウンはしないが、敵の動きを止めながら着地できる
ジャンプ中に壁で B 三角跳び 壁にぶつかったところから方向キーを反対に入れて
ジャンプすると三角跳びになる
敵をつかんで A 膝蹴り 最大3連続で敵にダメージを与える
敵をつかんで [← or →] +A 背負い投げ 敵を大きく飛ばす
A・B 同時押し メガクラッシュ
(旋風脚)
周りの敵をダウンさせるが、自分のライフも少し減る
ハガー
フルネームはマイク・ハガー。
さらわれたジェシカの父親であり、メトロシティの市長を務めています。
攻撃力は高いが、移動速度は遅い重量級キャラ。
元ストリートファイターで、ザンギエフに似た技を使うことができます。
投げ技が多く、破壊力も高いので爽快感を得たい人向け。
パンチは大振りで、ボディブロー → ボディブロー → ハンマーナックルと力業です。
そのため隙が生じやすく、敵からの攻撃を最も受けやすい上級者向けキャラといえるでしょう。
ただ、バックドロップやパイルドライバーなどの無敵技も使えるため、
慣れているプレイヤーなら防御面でも優れたキャラかもしれません。
また、通常攻撃は遅めですが、パイプや日本刀を持つと速く振れるのは大きなメリットです。
コマンド 技名 概要
A連打 連続攻撃 ボディブロー → ボディブロー → ハンマーナックル
最後のハンマーナックルが当たるとダウン
ジャンプ中に A 跳び蹴り 一撃ダウン
ジャンプ中に ↓+A ボディプレス 一撃ダウン
敵をつかんで A 頭突き 最大3連続で敵にダメージを与える
敵をつかんで [← or →] +A バックドロップ 敵を後ろにダウンさせる
敵をつかんでジャンプ + A パイルドライバー 移動しながら敵をダウンさせる
A・B 同時押し メガクラッシュ
(ダブルラリアット)
周りの敵をダウンさせるが、自分のライフも少し減る

各キャラの戦法

コーディ、ガイの戦法
動きが速いコーディ、ガイは慎重に進みたい人などにおすすめのキャラです。
特に投げ技は後ろにいる多くの敵を巻き添えにして一緒にダウンさせられるので、
有効に使っていきましょう。
コーディならばナイフをうまく使えば敵をはめることが可能です。
敵を画面端に追いつめて刺しまくるという地味に残虐なハメ方ですが、
隙の少ないナイフ攻撃ならではのテクニックです。
あと、少し難しいのですが連続攻撃から投げ技につなぐテクニックがあります。
Aボタンを連打し、コーディならば4発目のアッパーカット、ガイならば5発目の回し蹴りが出る前に、
方向キーを後ろに入れてAボタンは連打のままにしておくと、いきなり敵を投げることができます。
このとき投げる敵は、もちろんそれまで殴っていた敵になることが多いのですが、
後ろに別の敵がいる場合はそいつを投げることもあります。
連続パンチ中に後ろに敵が寄ってきたときなど、とっさに使えると役立つテクニックです。
ハガーの戦法
破壊力はあっても守りが無防備になりがちなキャラですが、
ハガーならではの無敵時間が発生する場面もあります。
それはパイルドライバーやバックドロップをやっている最中と直後のわずかな時間。
投げ技の最中はコーディやガイも無敵なのですが、
この2人は投げ終わった後に無防備な隙が発生するのも事実。
しかし、ハガーは投げ技の動作が完全に終わるまではもちろん、
投げ終わった後の一瞬の時間も無敵なので、この点に限っては守りが固いキャラといえるでしょう。
なので、ハガーで安全を重視して進む場合は、バックドロップの多用がおすすめです。
また、ハガーにも連続攻撃からバックドロップに持っていくテクニックが使えます。
3発目のハンマーナックルが出る直前に方向キーを後ろ方向に入れれば、
そこからいきなり敵をバックドロップで後ろに叩き落とすことができます。
このテクニックはハガーで最も重宝するかもしれません。
少なくとも管理人は基本これで進んでいます。
ただ、ハガーの投げ技には無視できない弱点が2つあります。
1つめは、敵をつかんでいる最中にその敵を落とすことがあるということ。
2面のソドム戦でこれをやるとその瞬間に斬られます。
敵を持ちながら移動できるハガー独自のメリットも、頼りすぎると痛い目に遭います。
2つめは、頭突きにしてもバックドロップにしてもパイルドライバーにしても、
投げ技が終わった直後は別の敵をつかむことができないということ。
コーディやガイは敵を投げ終わった直後もすぐに別の敵をつかんで投げることができますが、
ハガーは1秒くらい充電時間が必要というわけです。
この1秒間に敵をつかもうとしても逆に殴られるだけなので、パンチで攻撃しましょう。
先ほどの連続攻撃からバックドロップを発動するテクを使えば、
バックドロップ後にパンチが2発入るので、
連続投げ技にはならずに安全にバックドロップを発動させることができます。

inserted by FC2 system